記事リスト

持病がある人の住宅ローン

電卓と紙幣

どの住宅ローンにするか

住宅ローンを借りる時、固定金利にするか変動金利にするか、はたまたそれらをミックスしたものにするかは迷います。なぜなら、将来的にどれを選択するのが一番得か誰にもわからないからです。一方、住宅ローンを借りる時に選択肢がかなり限られている人もいます。それは、住宅ローン申し込み時に持病がある人です。持病があると、契約者が死亡時に住宅ローンがゼロになる、いわゆる団信への加入が難しくなります。これにより、住宅ローンの審査が通らないという人もいます。じゃあ、団信に加入しなければいいのではないかとなりますが、民間の金融機関の場合、団信加入が必須になっている事も多いです。そういった場合、残る選択肢がフラット35です。フラット35だと団信への加入が任意なので、加入しない場合、持病の告知義務がなくなります。また、安定した収入があれば審査にも通りやすくなります。フラット35は公的な住宅ローンではありますが、申込みは民間の金融機関を通して行います。不動産会社が必要な書類等を揃えてくれる場合も多く、頼ってもいいです。フラット35が公的なものとはいえ、申し込む金融機関によって金利が違う事もあるので、気になる方は審査に申し込む前に、自身で各金融機関を比べてみるのもいいです。また、審査時には直近2年分の源泉徴収票もしくは年収を証明するものを準備する必要があります。「安定した」収入というのが大事なので、もし持病で入院していて収入が増減している場合は、一度審査を見送って安定した収入になるまで待つ方がいいです。